ラス・メドゥラス

Carucedo, ,Spain
Share
Add Review

Details

ラス・メドゥラス(スペイン語:、英語:)は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州レオン県ポンフェラーダの近郊に広がる人工悪地。帝政ローマ時代に最盛期を迎えた金鉱山を主体とする。現在は跡地となっている当地の金鉱山は、そこから産出される金鉱の枯渇がローマ帝国滅亡の遠因になったとされている。砂金を産出していた。ラス・メドゥラスは古代の鉱業によって生まれた産業遺産であり、優れた文化的景観を形成していることから、1997年にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。概要地域は、東西4km、南北5kmに広がる。地層はおよそ1500万年前頃、河川の土砂の堆積によって形成された(cf. 沖積層)。当地の金鉱脈はローマ人の到来以前から発見されており、周辺住民は山から河川系へ流れ出る砂金を採取しては装身具などに加工していた。一例として、紀元前4世紀頃に作られた美麗な首飾りや耳飾りが発見されている。当地を含むイベリア半島北部に古代ローマの勢力が侵入したのは、共和政ローマの執政官オクタウィアヌス(2年後のローマ初代皇帝アウグストゥス)統治下にあたる紀元前25年のことであった。一帯を征服したオクタウィアヌスは、新たに獲得した地域を旧来のローマ領であるヒスパニア・キテリオル (en) などと併せて再構成し、北部から南東部にかけてをヒスパニア・タッラコネンシスと名づけた。その後間もなくして、ローマ人による金の大規模な採掘がメドゥリオ山(、モンテ・メドゥーリオ)で始まる。

Map

Share Your Experiance About ラス・メドゥラス

Other Information